西洋芸術音楽

音楽は国の文化を定義する要素であり、地域の歌の曲はビートやメロディーを通して魔法を作成する同じ方向に歩くように多くの人々を鼓舞しました。日本は、過去数十年の間に、西洋の芸術音楽が彼らの空間を引き継いだので、その文化的構造の発展を目撃しました。 20世紀半ばまでに、国は西洋の音楽と芸術の文化を採用しました。それは、それまでにその起源の国よりも日本でより普及していたものです。

国の音楽愛好家は常に西洋音楽によって達成されたこの支配的な地位を覚えています。その特定のフェーズは、人々の成長する好みの不可欠な部分でした。日本は1930年代に西洋美術の最大の消費国の1つになりました。西洋音楽の人気の高まりは、蓄音機のレコーディングの膨大な数の販売と、主要アーティストの国際ツアーのリストにある国の名前から明らかでした。これらすべてのマイルストーンは、世界が音楽業界での日本の勝利をまだ目撃していないことを証明しました。

履歴フォロー

20世紀半ばまでに、楽器、音楽教育学、音響技術が日本から輸出されてきました。ヤマハ音楽学校と「鈴木メソッド」は、当時最も人気のある学習プラットフォームでした。コンサバトリーやオーケストラで活躍した日本のミュージシャンの多くは、多くの志望者が音楽を作るという彼らの夢を追求するためのミューズになりました。今日、先住民族の音楽がその領域を見つけましたが、40年代から70年代に日本人がそれを好きでした。

履歴フォロー

現代のポピュラー音楽のほとんどは、西洋音楽の影響も大きく受けています。日本政府は、1868年の明治維新後に音楽の輸入システムを作成することを決定しました。計画に従って、彼らは西洋音楽を輸入し、教育システムと軍隊を通じて州全体にそれを広めました。彼らの計画がうまく機能していたので、この開発の時期は国の誇りの印でした。当局や市民を惹きつけたのは音楽の美的要素ではなかった。西洋人の日常生活における音楽の重要性は、彼らがこの決定をするようになった要因でした。

学校での式典や教育における音楽の役割は、国が物事の順序の変化をもたらすために西洋音楽に依存することの主な理由でした。国内の誰もが西洋音楽の導入から恩恵を受けました。そのため、これは歴史上別個の出来事とは見なされません。それは、明治政府内の軍事的、政治的、社会的、経済的改革の形成に関与しています。教育エリートたちは、ワグナーやベートーベンなどのアーティストを尊重して西洋音楽を宣伝しました。そのような音楽が日本で聞いられなかったとき、文化には違いがあります。しかし、市民によると、さまざまな仕事分野に対する国のアプローチに変化をもたらしたのは、西洋音楽のこの本質的な音楽的価値でした。