日本の音楽シーン

日本は食と歴史を楽しむことができる魅力的な場所です。これは、すべての大衆文化に独特の見方をしており、観光客を魅了する国です。音楽に関しても奇妙に見える法律がたくさんあり、それらすべてについて学びます。

人々はまだたくさんのCDを購入しています

日本の生活にはさまざまな側面があり、最も魅力的なのは、日本人が今でもCDを愛していることです。今日、私たちはダウンロードとオンラインストリーミングの世界に住んでおり、CDの記憶を楽しむことができます。しかし日本でも、CDで音楽の85%を売買することができます。東京は人々が未来的でテクノ中心であると考えられている場所ですが、音楽消費の主な形態の1つは少し謎です。

25ドル未満のCDを販売することは違法です

ほとんどの西欧諸国では、CDがお買い得価格の一番下に来るところに出くわす唯一の場所です。日本の法律で、25ドル未満のCDは販売できません。これはサイハンシステムによるものであり、著作権で保護された資料を含む多くの製品に適用されます。このシステムは、所有者が著作権侵害を強制することなく製品を販売できるように設定されました。

ダンスも技術的に違法でした

ちょうど約2年前、この国は風評法と呼ばれる悪名高いダンス禁止を解除しました。これは、70年前に売春を抑制するための取り組みとして実施されました。特別な踊り免許を申請しなければならない場所があり、多くの人が盲目になり、後で持ち上げることがほとんど不可能になりました。

東京は世界で最高のサウンドシステムを持っていますc

東京は世界で最高のサウンドシステムを持っています

日本にはカフェ、バー、クラブの数が最も多く、ほとんどの場合同じロックが設定されています。東京はまた、音楽に夢中な人や執着心としての故郷でもあります。これが、VENTナイトクラブが渋谷である主な理由の1つであり、音響システムが残響を抑制するために音響を支援する場所の会場と連動するように設計されました。

アイドルメタル

これはスラッシュメタルと、日本で人気のあるシックでスウィートなポップなポップなミックスです。 BabyMetalは、国際的に活動した最も有名なグループの1つです。このグループは国際的にツアーを行い、いくつかの最も幅広い国際的な主流をもたらしました。彼らの注目すべき活動の1つは、レディーベイビーが日本人モデルと女装オーストラリア人レスラーの物語であると考えられていたアイドルメタルジャンルでした。