楽器

日本のクラシック音楽の演奏に使用できる日本の伝統楽器はたくさんあります。日本で発明され、長年にわたってソウルフルになるように開発された多くの楽器があります。音楽が日本を引き継いだので、日本の伝統的な楽器のいくつかを紹介します。

琴

琴は弦楽器で、形や構造によって分類することができます。人気のタイプの1つは、大和後藤と呼ばれ、日本で発明されました。この楽器の本体は、弦を張った木でできており、中央を横切るように伸ばすことができます。大和後藤は、貴族に愛され娯楽に用いられ、かつて宮廷で古典音楽として演奏されていた雅楽によって演奏された楽器です。

大正後藤

大正後藤は同じようなギターで独特の形をしていて、品種によって区別されていました。この楽器は、フルート奏者が海外に出て演奏した後、1912年に発明されました。この楽器は、ボタンとキーを変更するための正しいアイデアを持つことができる新しい楽器を開発することに彼を驚かせました。日本の弦楽器は絹の弦を使用し、キーボードを使用して、キーボタンを押しながら弦を演奏します。大正後藤は、純粋なサウンドと演奏のしやすさが特徴で、さまざまな音楽ジャンルに追加されました。

和太鼓

和太鼓

和太鼓は日本の伝統的な打楽器で、木の皮に皮を張ることができる太鼓のようなものです。サウンドは大音量でパワフルです。これにより、あらゆるレベルで適切な肌を打つことができます。この道具は軍隊を指揮し、彼らの道徳を高めるために使用されました。今日、和太鼓は宗教的なお祭り、歌舞伎、能など、夏の神社での儀式に使われています。

こつづみ

コツツミは歌舞伎や能などの舞台で使われる太鼓の一種で、満足のいくタップ音が楽しめます。コツツミは、楽器を右肩に置き、右手を叩きながら左手を使ってすべての音をカバーすることで演奏されました。ドラマーはドラムの表面を引き締めて心地よい響きを作り出すあらゆる音でシラベオを絞った。彼らが顔を表面に近づけ、ドラムの表面に実際に息を吹き込んで湿度を制御し、音を調整して、より明確な共鳴音を与えることができる回数が増えるでしょう。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *